人間の身体能力、適応能力のすごさ

最近の夏は本当に暑いです。異常な程の暑さですが、夏といえば、夏休みです。夏休みと言えば特訓です。特訓とは野球部の夏の特訓です。朝から晩まで毎日毎日部活の特訓が思う存分にできるのが夏休みです。地獄の夏休みです。みんな夏休みを怖れます。倒れる者もいます。私たちの頃は水を飲めない時代でした。今、そんなことをしたら殺人行為でしょうが、本当に水を飲めなかったのです。よくやっていたなと思います。よく耐えたなと思います。熱中症や脱水症状にならなくてよかったです。幸いチームメイトの中にも救急車で運ばれた者はいませんでした。それにしても水を飲ませないというのは異常な考え方です。しかし人間の身体というものはすごいもので慣れるのです。水を飲まなくても平気な身体になっていくのです。ものすごい激しい練習をしても水なしで大丈夫になっていくのです。不思議なものです。1年生の時は本当に苦しかったです。辛いなんてものではありません。しかし2年生になるとだいぶ平気になり、3年生になるとそんなに水を飲まないことが負担にならなくなります。部活を終えた後でも何年間も水分を取らなくても全く平気な体質でした。人間の身体はすごいものです。しかしこれは真似をしてはいけません。かき氷、アイス、ビール、スイカ、など夏は思う存分楽しみましょう。筋肉をつけるにはどうしたらいい?